名古屋駅前の弁護士・片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

サンボマスター 真 感謝祭 ~ゲットバックライブハウスツアー~名古屋公演に行きました!

f:id:katayama-lawoffice:20220406191119j:plain

 

こんにちは。

 

先日、サンボマスター 真 感謝祭 ~ゲットバックライブハウスツアー~名古屋公演に行ってきました。

 

このライブ。もともとは去年11月に予定されていたものです。

ボーカル・ギターの山口隆さんが、網膜剝離になってしまい、延期されました。

無事に快復されて、本当に良かったです。

 

サンボマスターは、先日のビクターロック祭り2022でもパフォーマンスを堪能しました。

でも、単独となると「濃さ」が違います。

私がサンボマスターに求めているのは、この「濃さ」です。

この日の仕事を終えた後、とても楽しみにしながら、ささしまライブのzepp nagoyaへ。

 

平日にもかかわらず会場はほぼ満員。

もちろん検温、消毒、発生禁止、マスク着用などのコロナ対策は万全。

私も、不織布マスクをがっちり二重につけて準備万端。

 

このzepp nagoya。

去年サカナクションの山口一郎さんのNF OFFLINE名古屋初日に行ったときに体感したのですが、換気設備が半端ありません。

物凄い高性能の換気システムを入れているようで、この点もライブに行く側からすると、とても安心できます。

 

コロナ対策で、フロアにはイスが設置され、全席指定。

サンボマスターは、もともとライブハウスでやることが多いバンドです。

ダイブとかモッシュとかは年齢的にもきついので、なかなかライブに行くチャンスがありませんでした。

ところが、このコロナ禍。

ライブハウスもイスを設置して、全席指定でやるようになりました。

その結果、おじさんにとっては、とっても参加しやすい環境になったのです。

 

定刻少し過ぎたところで、「その景色を」からライブはスタート。

「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」とか「できっこないを やらなくちゃ」などの有名曲、「光のロック」や「青春狂騒曲」、「ロックンロール イズ ノットデッド」、「ミラクルを君と起こしたいんです」、「孤独とランデブー」、そして、すっかり締めの曲となった「花束」などライブの定番曲を踊りまくって堪能しました。

山口隆さんサイドの前列だったので、ライブ中は、「うますぎる」ギターを間近に見ることができました。毎回思いますが、やっぱり、うますぎますよね。

個人的には、「愛しき日々」のアコースティックバージョンからの「ラブソング」が心にとっても沁みました。

そして、アンコールでは、前回のホールツアーの時には聞けなかった「そのぬくもりに用がある」をやってくれたので、満足度は最高に高かったです。

メンバーのみなさん、本当にありがとうございました!

 

 

ライブ中、換気の時間のMCもとっても面白かったです。

私はライブハウスで大勢のお客さんの中でそのMCを聞いているんだけど、深夜にラジオを聴いて、一人でクスクスと笑っているような、そんな不思議な感覚にさせてくれる素敵な時間でした。

 

このサンボマスター。結成してもう20年以上が過ぎ、テレビ番組の主題歌やCMなどでも、いまだにたくさん曲が使われているバンドなのに、大物ぶらないのが、一ファンとして本当に好感持てます。

サンボマスターには今の感じ、雰囲気を持ち続けて欲しいと思っています。

 

サンボマスターのライブは、映像など凝った演出とかはありません。

曲中と曲間のボーカル山口さんの煽りが最高の演出です。

純粋にバンドの音楽を、体で感じる。

そんなシンプルな感覚が、とっても心地良いのです。

 

サンボマスターはこんなコロナ禍だからこそ、時代に合っているバンドだと思っています。

去年のホールツアーの時のブログにも書きましたが、私がサンボマスターにはまったのは、弁護士になる前の司法試験受験生時代。

辛い時こそサンボマスターの音楽が、歌詞が、心に刺さりまくりました。

今は、コロナ禍や戦争で、社会全体が辛い状況。

こんな時代だからこそのサンボマスター。

その力を全身で吸収し、本当に良い夜になりました。

 

f:id:katayama-lawoffice:20220406191206j:plain

 

「サンボマスター 真 感謝祭 ~ゲットバックライブハウスツアー」は、きょうの札幌公演がツアーファイナル。

 

また、名古屋で、サンボマスターのライブがあるのを、楽しみに待っています。

 

そんな感じです。

 

ではまたです。