名古屋駅前の弁護士片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。名古屋駅すぐの場所に法律事務所をかまえる 東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

過払い金返還請求に真剣に取り組んでいます!

 

 

 

f:id:katayama-lawoffice:20200820192657j:plain

 

こんばんは。

 

名古屋は連日の猛暑日。

今年はコロナ対策でマスクもしないといけないので、本当に辛い日が続きますね。

 

さて、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、夏期休業期間も終わり、きのうから通常通りの営業をしています。

 

お休み中にもたくさんのご相談のご予約申し込みを頂きましたので、きのうからたくさんのご相談をお受けしています。

 

そうした中、無事に過払い金返還請求を終えた依頼者の方から、ねんりん家のバームクーヘンの詰め合わせを頂きました!

仕事で脳が疲れて甘いものをとても欲していたので、本当に嬉しいです。

スタッフ一同、美味しく頂きました。本当にありがとうございました!

 

こちらの依頼者の方は、神奈川県にお住まいの方です。

ホームページで当事務所を見つけていただき、コロナが広がる前の2月、ご相談・ご依頼に、名古屋にある当事務所までお越し頂きました。

お客様の声もお寄せいただきましたので、ぜひご紹介させてください。

 

 

 

過払い金請求のお客様の声(神奈川県横浜市男性)

このたび、片山先生には過払い金請求の件に関して、一方ならぬご尽力を賜り、誠にありがとうございました。

若い頃、諸事情で重ねたキャッシングの負債を抱え、ここ四半世紀ほどは借金の利子を延々と返済し続ける状態で、心に濃い不安が影を落とす悶々とした日々が続いておりました。

テレビやラジオのCMで過払い金のことは知ってはいたものの、果たして自分にも請求できる過払い金があるのだろうか、周囲に知られてしまうのではないか、CMの甘い言葉に騙され、ひどい目に遭うのではないか等々、頭の中は懐疑的な考えが大半を占めていて、なかなか一歩を踏み出せずにいました。

そのような状況が続くある日、出張の新幹線の車中で見ていたスマートフォンの画面から「過払い金 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所」の文字が目に飛び込んできました。何気にホームページを開いてみると、それまで他の弁護士や司法書士からは感じることのなかった先生の熱い思いや信念、誠実さがひしひしと伝わってきて、隅から隅まで食い入るように拝見しました。この先生だったら信頼できる、ぜひとも任せしたいという気持ちが湧いてきました。

お目にかかった先生は、失礼ながら想像以上に紳士で、素人の私に懇切丁寧に説明してくださり、いろいろな不安や心配もなくなりました。あとは先生を信じて安心してすべてをお任せできました。都度進捗をメールでメールでお知らせいただきましたので、私はただ待つだけでした。コロナ禍にも関わらず、委任から過払い金の入金まで僅か5か月あまりのスピード解決、しかも予想を遥かに上回る過払い金発生額(2社合計で1千万円超)すべてをご回収いただき、そのご手腕に感服いたしました。

もし先生と出会っていなかったら、おそらく過払い金請求をすることもなく、未だに心の晴れない鬱々とした日々を送っていたと思うと身の毛がよだつ思いです。精神的苦痛からの解放が何よりの喜びです。先生にお願いして本当によかったです。

ありがとうございました。

 

 

こちらこそ遠方から名古屋までご相談・ご依頼にお越し頂き、本当にありがとうございました。

当事務所は、本当に小さな事務所ですが、過払い金請求に取り組むその熱量だけは、全国チェーンの大きな弁護士事務所や司法書士事務所には、絶対に負けないと思っています。

事務所のスタッフたちも、ご相談の受付の時はとても優しく見えると思いますが、いざ仕事になると、私が圧倒されてしまうくらいのスピードと正確さで仕事を進めていきます。以前にも書きましたが、こんな小さな事務所に来てくれて本当にありがとうございますとしか言いようのないほど優秀なスタッフたちです。

こうしたスタッフにさせられ、過払い金返還請求に取り組む法律事務所の「チーム」としての力は、超少数精鋭ながら非常に高いレベルにあると思っています。

 

「過払い金、気になるけど、なんか不安でそのままになっている」という方には、そのまま現状に甘んじるのではなく、人生を変える一歩を踏み出して頂きたいです。

ぜひ過払い金請求に本気で取り組んでいる当事務所までご相談いただければと思います。

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

そんな感じです。

 

ではまたです。