名古屋駅前の弁護士・片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

桑田佳祐 LIVE TOUR 2022「お互い元気に頑張りましょう!!」愛知公演2日目に行ってきました!

桑田佳祐LIVETOUR2022


こんにちは。

 

先週末、桑田佳祐 LIVE TOUR 2022「お互い元気に頑張りましょう!!」愛知公演2日目に行ってきました!

 

今回のツアーは、明日、11月23日に発売される桑田佳祐さんのベストアルバム、「いつも何処かで」のリリースに合わせて行われているものです。

special.southernallstars.jp

 

 

桑田さんのライブは、去年10月の広島以来。

去年10月のライブは、客席もグループごとに1席空いていて、リストバンドライトも貸与でなく持ち帰りだったりと、まだまだコロナ禍の影響が濃いものでした。

でも、今から振り返ると、ゆとりのある座席配置とかは、コロナ禍のもたらしたプラスの面でした。

あんな贅沢な環境で桑田さんのライブを見ることができたのは、コロナ禍での本当に良い思い出です。

blog.katayama-lawoffice.jp

 

さて、今回の会場は、バンテリンドームナゴヤことナゴヤドーム。

今年はドラゴンズの野球観戦にも行かなかったので、結構久々のナゴヤドームです。

 

バンテリンドームナゴヤ入場口

 

改めて見ると、ナゴヤドーム、建物が古いですよね!

上の窓の感じとか、他のドームと比べても外観の古さが隠せない感じです。

野球はもちろん、こうしたライブでも全国からお客さんがやってきて、写真をSNSとかにあげる時代です。

お金がかかって大変なのでしょうが、名古屋のイメージアップのためにも、そろそろ改修をお願いしたいです!

 

この写真を撮った後、人波にもまれながら、入場ゲートへ。

おなじみの検温と消毒を済ませて、本人確認書類を見せながらの電子チケット画面。

バーコードを読み取ってもらい入場です!

 

会場はアリーナもスタンドも満員のお客さん。

ドームだとやっぱり凄い人数ですよね。

サザンや桑田さんのライブは、年齢層がめちゃくちゃ幅広いのが特徴です。

年齢層が広いお客さんが集まって、みんな幸せな表情でライブを待っているというのが、とっても良い風景です。

 

久々にアリーナから見上げると天井の高さもやっぱりすごいです。

このところホールやアリーナでのライブが多かったので、改めてドームの大きさを実感しました。

そんな大きな会場を普通に埋めてしまう桑田さんの圧倒的集客力。

集まったお客さんをみんな笑顔にしてしまう桑田さんの圧倒的な魅力。

桑田さんの偉大さを実感しながら、ライブ開始を待つ幸せな時間を過ごしました。

 

アナウンスが始まると、気分も高まります。

サザンや桑田さんの時だけ、「頭の上にうちわや扇子を掲げないでください」というアナウンスが流れますよね。あれ、いつも笑っちゃいます!

 

ここからは、がっつりネタバレを含んじゃいますので、これから桑田さんのライブに行かれる方は、離脱してください!

 

桑田佳祐「お隊元気に頑張りましょう」

 

定刻ちょっとすぎてライブがスタート。

最近の桑田さんのライブは良い感じに落ち着いた雰囲気で始まります。

 

今回はベストアルバムのリリースに合わせたツアーなので、セトリも贅沢です。

「若い広場」でゆっくり場を温めて、「炎の聖歌隊[Choir]」で金テが舞います。

会場が一気に盛り上がりました。

桑田さん、のどの調子がとても良さそう!

 

序盤から「MERRY X'MAS IN SUMMER」、「可愛いミーナ」「真夜中のダンディー」のヒット曲が続きます。

そして、なんとここで「明日晴れるかな」。

私が桑田さんの曲の中でも最も好きな曲の一つです。

ライブの本編ラストとかアンコールラストの定番曲がもうここで登場です。

本当に良い曲なので、ライブで聴くとたまりません!

イントロから歌いだしのところで鳥肌が立ちました!

 

ソロ活動35周年なので、やっぱりすごい曲ばかりですよね。

初期の「いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)」から東京オリンピックのテーマ曲でもあった「SMILE~晴れ渡る空のように~」まで35年の時空を超えるセトリが本当に素晴らしい!

 

今回のツアーでもアコースティックのコーナーがあります。

その1曲目、私が大好きな「鏡」をやってくれました。

ちょうど私が大学生の頃に発売された桑田さんのアルバム「孤独の太陽」収録曲です。

若かりし当時、いろんなことに悩みながら聴いていた大好きな曲を、すっかり中年になってから生で聴けるというのも本当に幸せです。

桑田さんの35年の活動があるのに合わせて、お客さん一人一人にも35年の歴史があるんですよね。

桑田さんの昔の曲を聴くと、その時の自分を思い出して涙する。

その繰り返しが桑田さんのライブの本当に良いところです。

こんな体験ができるのも、桑田さんが活動を続けていただけているからこそ。

桑田さんとスタッフの皆様には、本当に本当に感謝です。

 

桑田さんのライブ。私はいつも桑田さんのMCを楽しみにしていますが、今回のツアーでは、桑田さんのMCがいつもより少なめに感じました。

その分たくさんの曲を聴いてほしいということなのでしょうね。

コロナ禍ということもあるのか、「アリーナ!」とか「スタンド!」とかの呼びかけもありませんでした(ちょっと寂しい)。

でも、今回のツアーでは、桑田さんが各地のご当地ソングを歌うコーナーがあります!

名古屋では、「燃えよドラゴンズ」を歌ってくれました!ドームのグランド上のアリーナで聴く桑田佳祐さんの「燃えよドラゴンズ」。

なかなか貴重な体験をできました!

 

66歳になる桑田さんの圧倒的なパフォーマンス力に酔いしれながら、本編終盤へ。

 

盛り上げ曲の定番曲になりつつある「Soulコブラツイスト~魂の悶絶」で盛り上げてからの「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」の流れ、最高です。

年甲斐もなく思いっきりジャンプして銀テをゲットできました!

「波乗りの曲なんてやりませんよ~」というライブ序盤のMCでの前振りを受けて、やっぱりこの曲、「波乗りジョニー」。

桑田さんが元気にステージ上で歌ってくれることの素晴らしさを実感しながら、本編終了。

 

アンコールも、とっても贅沢でした!

「ROCK AND ROLL HERO」からの「銀河の星屑」で盛り上がり、冬を感じる「白い恋人達」。最後のMCからの「100万年の幸せ!!」で、多幸感たっぷりにライブ終了。

 

やっぱり桑田さん、凄いです!最高です!

 

 

 

アンコールのMC。「来年も、また、ここでお会いしましょう!」って桑田さんおっしゃっていませんでしたか?

私の聞き違いかもしれませんが、またサザンか桑田さんソロでのツアー楽しみにしています!

 

そんな感じです。

 

ではまたです。