名古屋駅前の弁護士片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。名古屋駅すぐの場所に法律事務所をかまえる 東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

過払い金・最初から片山総合法律事務所にご相談ください!

こんにちは。

 

名古屋はようやく雨と曇りばかりの日が終わって、夏本来の暑さがやってきましたね。

セミの鳴き声が響いているこの感じ、大好きです。

 

さて、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、消費者金融やカード会社に対する過払い金返還請求に力を入れ続けています。

先日、依頼者の方から、お客様の声を頂きました。

 

過払い金・お客様の声(名古屋市守山区男性)

今回は、過払い金請求に迅速に対応いただき、本当にありがとうございます。
当初、大手司法書士事務所に依頼していましたが、2ヶ月以上放置され、催促したところ、実績なしとの回答でした。
もう一度確認をお願いしたところ、過払い金が高額な為、自事務所では対応出来ず、
「提携弁護士事務所に依頼するが、2ヶ月後しか着手出来ない」との連絡がありました。
困って、片山先生にご相談させていただいたのですが、1ヶ月程で、納得できる和解案の連絡をいただきました。
大手司法書士事務所とやり取りした半年間はいったい何だったのかと後悔しています。
本当にありがとうございました。

 

最近、この方のように、一度、全国展開型の大量処理型事務所にご依頼された後、大量処理型事務所の対応に不満を頂き、大量処理型事務所への依頼を中止したうえで、当事務所に相談・依頼しなおされる方がとても多くいらっしゃいます。

 

特に多いのが、この方のように、司法書士に依頼したものの、過払い金が高額なため、その司法書士法人では対応できないケースです。

 

そもそも、司法書士は、いくら法務大臣認定司法書士でも、過払い金の金額が140万円を超える件を取り扱うことはできません。

ご本人の代理人として過払い金の返還を求める裁判を起こすことができないのはもちろん、相手方業者に請求書を送ったり、過払い金の返還請求を行うこともできないのです。

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

ところが、司法書士法人のテレビやラジオのCMでは、この点に言及していません。

テレビのCMでも、読めるか読めないかギリギリくらいの文字で小さく、短い時間だけ書いてあるだけです。

過払い金のテレビやラジオのCMは、東京などに本部のある司法書士法人が多く流しています。

朝から夜中までCMを大量に流しているのに、この「司法書士の140万円の壁」については、ほとんど触れられていないのです。

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

このため、司法書士の「140万円の壁」について、十分知らずに、CMを大量に流す全国展開型の過払い金の大量処理型事務所に依頼してしまう方が多いのです。

全国展開型の大量処理型事務所は、朝から晩までテレビやラジオ、折込チラシなど様々なメディアで、大量の宣伝を行っています。

一度問い合わせた方には、鬼のような営業電話の嵐です。

こうやって1件でも多く相談件数を伸ばし、1円でも多く売り上げを伸ばそうとしているのが、過払い金の大量処理型事務所なのです。

www.katayama-law-kabarai.jp

 

司法書士法人に依頼して、貸金業者から取引履歴を開示しもらっても、すぐに計算をするわけではありません。

司法書士法人は、大量の広告費をかけて、CMを流しまくっています。

東海地方だけでなく、北は北海道から南は九州まで、全国各地からたくさんの案件を受けています。

このため、過払い金の大量処理型事務所では、依頼してから正確な計算結果を教えてもらえるまで、異常に時間がかかるのです。

当事務所であれば、依頼後1ヶ月後に履歴が開示されて、その日か次の日には計算結果が出るような業者であっても、過払い金の大量処理型事務所の場合、計算が終わるまで3か月以上かかるケースも実際の相談者の方から聞いています。

 

そして、時間が非常にかかった大量処理型の司法書士法人の計算が終わって、過払い金が140万円を超えていた場合、どうなるのでしょうか?

司法書士法人は、このような場合に備えて、東京の弁護士と手を組んでいます。

「提携の弁護士を紹介しますよ」。

こうやって大量処理型事務所の依頼者を囲い込もうとするのです。

 

一方で、依頼者の方はどう思うでしょうか?

散々待たされた挙句、「140万円を超えているので、自分たちでは対応できない。東京の弁護士を紹介するけど、また時間がかかりますよ」。

こんな「たらい回し」をされたら、過払い金請求が嫌になってしまうと思います。

しかも会ったこともないような東京の弁護士とやらが、きちんとあなたの案件に取り組んでくれるかどうかなんて全く分かりません。

もう本当に嫌になってしまいますよね。

 

このように、一度過払い金の大量処理型事務所に依頼したものの、結局は、依頼を取りやめて、当事務所に相談・依頼しなおされる方がとても多くいらっしゃるのです。

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、通算の相談件数や裁判件数、過払い金の回収実績だけを誇りとするような、大量処理型事務所ではありません。

対象エリアを、名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の東海地方のみに絞っています。

そして、電話だけとか郵送だけとか、いい加減な方法で、案件の依頼を受けることはしていません。

全件、弁護士のと面談相談を行い、過払い金請求の流れなどについてきちんとご説明した上で、過払い金請求の不安な点や心配な点を解消してもらってから、過払い金請求のご依頼を頂くことにしています。

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

これまで東海地方にお住いの方々から多くのご相談・ご依頼を受け、過払い金請求の分野では、片山総合法律事務所は、圧倒的な口コミと評判を頂くようになりました。

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

当事務所では、ご依頼後は、過払い金請求の経験豊富な所長弁護士である私自身が、全ての方の案件を担当します。

「チーム制」などという名の無責任体制は取っていませんので、全ての方の案件を、過払い金請求に強い私自身が担当することをきちんと保証できます。

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

私は、今回お客さまの声をお寄せいただいた方のように、過払い金請求の大量処理型事務所のいい加減な仕事の被害にあわれる方がたくさんいらっしゃることに心を痛めています。

言い方はきついですが、東京や大阪などに本部を置く大量処理型事務所が、東海地方にお住いの方々を、食い物にしているが許せないのです。

 

弁護士や司法書士に相談というと、ついついCMなどで名の知れている全国チェーンの事務所に相談しがちです。そのお気持ちもよくわかります。

一方で、小さな事務所に相談・依頼するのは不安かもしれません。

それでも、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、小さい事務所であることの強みを活かして、1件1件迅速で丁寧な対応を心掛けています。

全国チェーンのように、1件でも多く依頼を受けて、1円でも多く売上を伸ばそうと考えていないからこそできることです。

 

繰り返しになりますが、東海地方にお住いの方が、過払い金の大量処理型事務所の被害にあうのは本当に辛いことです。

もしお知り合いで過払い金請求をお考えの方がいらっしゃる方は、こうした現実を教えてあげて頂ければと思います。

そして、東海地方にお住いで、過払い金請求をお考えの方は、ぜひ、「最初から」名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所までご相談・ご依頼頂ければと思います。

 

そんな感じです。

 

ではまたです。