名古屋駅前の弁護士片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。名古屋駅すぐの場所に法律事務所をかまえる 東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

ドラゴンズ×カープ戦を見に行きました!

f:id:katayama-lawoffice:20190708230218j:plain

 

こんばんは。

 

昨日は、ナゴヤドームへ、ドラゴンズ×カープ戦を見に行きました!

ドラゴンズの先発は山井投手。

実は伝説の2007年の日本シリーズ第5戦もナゴヤドームで観戦していたので、とっても懐かしく思えました。

テンポよくとても良いピッチングで、カープ打線は鈴木誠也の一発だけ。結局山井投手からは2安打しか打てませんでした。本当にナイスピッチングでしたね。

 

で、最近話題のドラゴンズのチャンステーマの「サウスポー」。

「お前が打たなきゃ誰が打つんだ~」の「お前が」の部分が問題なんて、なんて小さなことでしょうと思ったりもするんですが、どうしても球団・監督が「嫌だ」というのであれば、こんなのどうでしょうか?

 

◆「サウスポー」問題の解決策

・苗字が3文字の選手は、「お前」の部分にそのまま名前を入れる。

例)「平田が打たなきゃ誰が打つんだ~」

・苗字が2文字の選手も、「お前」の部分にそのまま名前を入れてどこか伸ばす。

例)「阿部~が打たなきゃ誰が打つんだ~」

・苗字が4文字の選手は、「お前が」の部分に名前を入れて置き換える

例)「大島打たなきゃ誰が打つんだ~」

・アルモンテは、ファーストネームで!

例)「ソイロが打たなきゃ誰が打つんだ~」

これでどうでしょうか?

 

「サウスポー」は本当に盛り上がりますし、やっぱりナゴドに野球見に行って、「サウスポー」を生で聞けないと寂しいんですよね。

 

一方のカープ。

このところ何年も同じカードを見ているのですが、年々ワクワク感が減退しています。

以前は、黒田さんも、新井さんも、マエケンも、エルドレッドも、華のある選手・投手が多かったのですが、昨日の試合では菊池選手もベンチから外れているし、代打で出てきたメヒアはファール→ファール→高めの釣り玉空振りの無残な三振だし、本当に散々でした。

まあ、スタメンで打率1割台の選手が2人も出ているあたりから、厳しさがにじみ出ていますよね。

 

ドラゴンズは本当にカープに強いので、首位のジャイアンツ戦にもこの強さを出して欲しいところです!

 

昨日の野球観戦も存分に楽しめたので、この後、8月の夏期休暇まで、頑張っていきたいと思います。

 

そんな感じです。

 

ではまたです。