名古屋駅前の弁護士・片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。名古屋駅すぐの場所に法律事務所をかまえる 東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

サカナクションの「SAKANAQUARIUM アダプト ONLINE」も最高すぎました!

こんにちは。

 

名古屋は、月曜日の雨から一気に寒くなりましたね。

 

さて、先週の土曜日と日曜日、サカナクションのオンラインライブ「SAKANAQUARIUM アダプト ONLINE」がありました。

 

sakanaction.jp

 

サカナクションとしてのオンラインライブは、昨年8月の「SAKANAQUARIUM 光ONLINE」以来2回目です。

光ONLINEは、コロナ禍真っ只中だった去年の夏の良い思い出でした。

blog.katayama-lawoffice.jp

 

今回のオンラインライブは、新曲が初披露されるというのが最大の特徴。

敢えてアルバム発売前にライブで披露するという流れなので、ファン必見のオンラインライブでした。

「深海」まで深く潜っている私も、当然2日通し券を買って(1日目はNFのメンバー限定です)、1日はイヤホンで、もう1日はスピーカーで楽しみました。

 

f:id:katayama-lawoffice:20211123111240j:plain

 

サカナクション・SAKANAQUARIUM アダプト ONLINEウェブサイト https://sakanaction.jp/feature/sakanaquarium_adapt_online より引用

 

コロナ禍になってから、オンラインライブというのが、音楽業界で一気に広がりましたよね。私も去年から結構たくさんのオンラインライブを見てきました。

ただ、「普通のライブの演出をオンラインで見る」という形式のオンラインライブだと、結局は「あ~ライブ行きたい!」という思いが募るだけだったりします。どんな会場でやっていても、無観客のライブをただ配信するというのは、「リアルライブ最強説」を補強するだけなんですよね。普通のライブだったら現場が良いに決まってます。

こんな通常形式の無観客配信ライブだと、無観客と言いながら当然スタッフの方々はいらっしゃいますので、ライブに行きたい感情があふれすぎて、「スタッフうらやましい!」などと倒錯した感情を抱いてしまいます。

 

でも、サカナクションは違います。やってくれます。

去年の「光ONLINE」もすごかったのですが、今回の「アダプトオンライン」も想像をはるかに超えていきました。さらにさらに進化しています!

映像、音、演出。まさに「オンラインならでは」の演出・見せ方、本当に最高でした。これも「チームサカナクション」の力なんだろうなと画面に見入りながら、「プロの本気」を実感していました。

 

リアルライブのツアーでもそうなんですけど、私は「初見の感動」に勝るものはないと思っています。だから、私的には1日目の印象が強いのです。「なんてったって春」の緊張感のある山口さん歌声とか1日目ならではでしたよね。

なかでも「ティーンエイジ」は、ボーカルのバランスが圧倒的に1日目の方が個人的には好きでした。古い曲ですが、サカナクションの新たな可能性を感じさせる演奏でした。「ティーンエイジ」がこんな凄い曲だったんだと再発見できたのが、1日目の最大の収穫でした。

2日目も、ライゾマさんのゴリゴリの格好良すぎる演出とか適切な雪の量とか、暗すぎない照明の具合とか、適切なスモークの量とか、メンバーの皆さんが良い意味で楽しんでいる感じとか、ブラッシュアップされた2日目ならではの良さもたくさんあったので、甲乙つけがたいですよね(光ONLINEの時も同じことを思いました)。

 

でも、ファンクラブ限定の1日目と一般公開の2日目でセトリが変わらなかったのは、良かったと思います。

シングル曲ももちろんすごく良い曲が多いのですが、シングル曲だけでは感じられないサカナクションの楽曲の魅力ってたくさんありますからね。

たぶん「攻め」の姿勢で2日目もセトリを変えなかったのだと思いますが、それがむしろ2日目の完成度の高さにつながったのかななどとファンの一人として思いました。

 

以上、ちょっとマニアックなことを書きましたが、今回のオンラインライブ、「サカナクションあまり詳しくない」って方も全然楽しめると思います。ちょっとネタバレも含みますが、簡単にご紹介します。

前半は「バッハ」以外はあまりなじみのない曲が多いかもしれませんが、サカナクションの深めのファンのみなさんが結構好きな曲が並んでいるので、深海の世界に触れてみて頂きたいと思っています。

特に前半の最後の曲「目が明く藍色」は、10周年の時のファンクラブの投票で第1位に選ばれた絶対王者の名曲です。普段はライブの最後にやることが多いのですが、今回は中締めに登場しています。この曲が流れてくると条件反射のように「あーライブが終わってしまう」と涙ぐんでしまうファンの方も多いと思いますが、今回は中締めで登場してきます。

後半は、「アイデンティティ」「新宝島」「ルーキー」などみなさんもご存じの曲と「プラトー」などノリの良い新曲が立て続けに流れます。新旧入り混じって本当に最高です。リアルライブだと汗だく酸欠になりそうなぐらい盛り上がる曲が続きます。初めてのアーティストのライブで知っている曲をやってくれないと疎外感を感じてしまうことがありますが、そんな「初サカナクション」の視聴者にも配慮されているので安心ですよ!

ラストの新曲がこれまた名曲の予感たっぷり。2日目の配信だと歌詞表記があるので、じっくり味わえます。

本当にぜひみなさんにも見てもらいたいオンラインライブです!

 

 

 

 

上記ツイートにある通り、今回の「SAKANAQUARIUM アダプト ONLINE」。28日(日)まで、アーカイブ配信見ることができるんです!

FC以外の方は、2日目のみ視聴可能だと思うんですけど、「初見の感動」を2日目の公演で味わえるというのは、1日目を見た上で2日目を見た私ができなかったことなので、結構うらやましいです!

「オンラインライブってここまで凄いんだ!」って体感をしたい方は、ぜひご覧ください。

 

 

新型コロナの新規感染者数も減少し、オンラインライブは、ともすると「オワコン」扱いされがちです。でも、完パケの曲とリアルライブの間の楽しみ方としては、新型コロナという時代を乗り越えたからこその表現方法としてこれからも残ってほしいものの一つですし、そうやって残っていくことが、人類が時代とともに歩む進化だと思っています。

 

サカナクションには、これからも「オンラインライブ」という見せ方・魅せ方の先駆者、開拓者、第一人者として、時代を切り開いていってほしいです。

 

そんな感じです。

 

ではまたです。