名古屋駅前の弁護士・片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。名古屋駅すぐの場所に法律事務所をかまえる 東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

片山総合法律事務所は10周年です!

イヤープレート(2011年)

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、本日、2021年4月1日、事務所設立からちょうど10年となり、11年目に突入しました。

上の写真は、事務所設立の際に、同期の弁護士から頂いたイヤープレートです。

10年間事務所の様子を見続けてくれた記念の頂き物です。

 

今から10年前の2011年4月1日。

私は、たった一人で、片山総合法律事務所を設立しました。

自分の事務所を立ち上げたという実感がないまま、何か地に足がつかない状態で、事務所に向かったのを、今でも昨日のことのように覚えています。

 

これまで10年、1人1人の依頼者を大事にするという、「依頼者優先主義」のもと、業務を行ってきました。

おかげさまで、想像をはるかに超えたたくさんの方にご依頼頂き、多忙を極めた日々もありました。

 

ただ、事務所の規模を大きくするという選択肢は取りたくありませんでした。

もともと私が自分の事務所を設立しようと思ったのは、自分自身の「こだわり」を貫ける場を作りたいという思いからでした。

事件の解決の進め方はもちろん、依頼者とのやり取りや事務所の運営の仕方一つ一つに至るまでいろんな分野での自分なりの「こだわり」です。

「こだわり」というのは、組織を大きくすれば、薄まってしまいます。

希釈化された「こだわり」の中で、日々の仕事に取り組むことには、私自身が我慢できませんでした。

このため、濃縮されたままの「こだわり」を大事に、小さなままの事務所でこの10年やってきたのです。

 

本当に幸いなことに、この10年、事務所スタッフは、1人も退職せずにやってこれました。一緒に仕事をする人が全く変わらなかったというのは、私にとって、本当にうれしいことでした。

もちろん、これからライフステージの変化に応じて、退職される方も出てくるかもしれません。

でも、「入所してすぐに退職する方を1人も出さない」というのが自分の中での一つの目標だったので、無事に10周年を迎えることができたことに喜びを感じています。

 

最小限の人数でやっているため、業務量が多すぎて、とても大変なことも多かったと思いますが、本当によく頑張っていただいてきました。

私一人ではなく、とても優秀な事務所のスタッフ達がいたからこそ、無事に10周年を迎えることができたのだと強く思っています。

 

10年前の4月、私の事務所のお客様は、たった数人でした。

あまりにも電話がならないため、「電話機が故障しているのでは?」と思い、自分の携帯電話から事務所の電話にかけたこともありました。

マウスと間違えて黒色の朱肉をにぎったまま、パソコンの前でウトウトしたこともありました。

色んな雑務に追われて、「弁護士」であることを忘れそうになることもありました。

独立直後の10年前、そんな4月を過ごした後、ゴールデンウイークに、NHK時代の初任地に久々に行ったのを今でもはっきり覚えています。

 

blog.katayama-lawoffice.jp

 

当時タイトルにした「Powet Spot」の効果でしょうか、ゴールデンウイーク明けから、突然、相談予約の電話が増えて、あっという間に大忙しの毎日となりました。

必死に生きていた10年前のとっても良い思い出です。

 

そこから10年。

とってもたくさんの方にご相談・ご依頼を頂いてきました。

一人一人のお客様のおかげで、ここまでやってこれました。

本当に感謝が尽きません。

10周年誠にありがとうございます。

 

 

本日から名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、11年目に入りました。

小さな小さな事務所ですので、「なんでもお任せください」とは言えません。

ただ、過払い金請求など力を入れ続けている分野については、「ぜひお任せください」と自信を持って言えるだけの実績と経験を積んできたという思いがあります。

雇われ弁護士とは違い、この10年間、自分の名前の事務所で、自分自身で全責任を負って、相手方と日々ギリギリ戦って、この仕事をしてきたのです。

 

11年目も、これまでと同様、できることをしっかりとやっていきたいと思っています。

 

11年目を迎える名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所を、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

そんな感じです。

 

ではまたです。