名古屋駅前の弁護士・片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。名古屋駅すぐの場所に法律事務所をかまえる 東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

コロナ禍でのご依頼ありがとうございます!

f:id:katayama-lawoffice:20210119175638j:plain

 

こんばんは。

 

きょうの名古屋は風が強くとても寒い1日でしたね。

 

さて、本日、無事に過払い金の回収を終えた方から、お菓子を頂きました!

事務所スタッフみんなで美味しく頂きました。

お気遣いいただきありがとうございます!

 

お客様の声もお寄せ頂いていますので、ご紹介します。

過払い金のお客さまの声(静岡県藤枝市女性)

片山総合法律事務所 片山木歩先生へ

この度は過払金請求の件で大変お世話になりました。

初回相談から約6か月という早さで、満額返還での和解に至ったというご連絡をいただいた時は、その迅速さに驚いたのと同時に、心の平安が戻り、うつ状態から解放されました。先生のお力添えに心から感謝しております。

コロナの緊急事態宣言が出てから、外出の自粛や生活様式がガラリと変わり、私は仕事面で大打撃を受けてしまい、経済的にも精神的にも苦しい状況でした。

そんなある日、ポストに、某全国チェーン事務所のチラシが入っており、その大々的な謳い文句につられ、つい契約の面談をしてしまったのです。

しかし、後々よく調べると、不審な点がいくつかあり、怖くなって翌日解約しました(解約の理由をしつこく聞かれましたが、何とか逃れました…)。

そして、インターネットで信頼できる弁護士先生を調べ、真っ先にヒットしたのが片山総合法律事務所のホームページでした。依頼者を第一に考えて下さる先生の熱い思いと、”ハッ”と引き込まれる内容に惹かれ、即決致しました。

初回相談で実際にお会いした時の印象は、先生の物腰の柔らかさとソフトな話し方で、威圧感は全くなく、安心して相談できました。

些細な質問にも具体的に分かりやすく教えてくださり、不安が払拭されていきました。某C事務所に引っ掛からず、先生の元に行けた事は本当にラッキーでした。まるで何かに導かれたようです。

片山先生には、心身ともに助けていただいたと思っております。ありがとうございます。心から厚く御礼申し上げます。

補足:今回の件で、クレジットの(リボ払い)怖さを知りました。今後は収入と支出のバランスを考え、計画的にお金を大切にしていきます。

 

コロナ禍で大変な中ご依頼いただいたお客様です。

コロナの影響で、東京に本社のあるカード会社からなかなか取引履歴が開示されず、取引履歴の開示まで3か月もかかりました。

取引の記録である「取引履歴」が開示されないと、過払い金の金額を計算できません。

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、「過払い金スピード解決!」というフレーズを事務所設立当時から使っていますが、最大の敵は、この取引履歴が開示されるまでの時間です。

さらに新型コロナの影響で裁判がなかなか入らず、ご相談から過払い金の回収まで半年ほどかかってしまいましたが、お役に立てて本当に良かったです。

 

こちらのブログをご覧になられている方の中で、過払い金の請求を迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

現在も愛知県、岐阜県だけでなく、首都圏も緊急事態宣言が発出されているため、取引履歴の開示まで時間がかかる可能性があります。

このため、もし過払い金請求を迷っている方がいらっしゃいましたら、借入と返済の記録である「取引履歴」の取り寄せだけでも進めてみることをお勧めします。

www.katayama-law-kabarai.jp

 

こちらの取引履歴があれば、ご相談時に、ご自身の過払い金について、より具体的なご説明を差し上げることができます。

また、ご相談・ご依頼後、すぐに請求手続きを進めることができるため、過払い金の回収までの時間が大幅に短縮されます。

 

ちなみに、こちらの方も、私について、「ホームページの写真ほど怖くなかった」とおっしゃっていました。

過払い金をしっかり取り戻そうとする気合があふれているためでしょうか、写真では怖く映っているようですが、ご相談の際はそんなに怖くないので、取引履歴を取り寄せたら、お早めにご相談のご予約を頂ければと思います。

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

当事務所では、新型コロナ対策も徹底しています。

私も含めた事務所スタッフも感染対策には万全を期していますので、ご相談の際も安全です!

www.katayama-law-kabarai.jp

 

そんな感じです。

 

ではまたです。