名古屋駅前の弁護士片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。名古屋駅すぐの場所に法律事務所をかまえる 東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

「土日はやってないのですか?」

こんばんは。


きょうも裁判連続、ご相談・ご依頼連続でとても忙しい1日でした。



さて、
タイトルのご質問、
ご相談のお問い合わせの際によくお聞きするフレーズです。



ご案内の通り、
名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、
不定期の過払い金・土曜相談以外は、
土日のご相談は受け付けておりません。


今後も土日の相談を毎週行うような予定もありません。




弁護士の仕事は、
新しい方々のご相談に応じる他にも、
既にご依頼を頂いている方々の事件について、
交渉を行ったり、裁判に向けた書面を書いたり、
様々な種類の仕事がございます。


新しく仕事のご依頼を受けるために
土曜日も日曜日もと
際限なく相談時間を増やせば、
既にご依頼頂いた方々の案件を進める上で、
支障が生じてしまいます。





私の事務所は、
大量の案件を機械的にこなす大量処理型事務所でもなければ、
案件のほとんどを事務職員に任せるだけの非弁型事務所でもありません。


ご依頼頂いた方々には必ず私が直接連絡するなど
きめ細かいサービスを提供している事務所です。


私が無理をして倒れたりしてしまっては
事務所の特徴が全て崩れ去ります。





私の事務所でこれまでにご依頼頂いている方々は、
平日のご相談時間や不定期の土曜相談の際に
ご来所頂いてご依頼頂いた方々です。


有給休暇を取得してご相談に来られた方や
1か月先の日を予約して来られた方もいらっしゃいます。


「困っている方がいるから」。
そのフレーズは新規のご相談者のためでなく、
きちんと私の事務所を選んでご依頼頂いた方々のために
使うフレーズだと思っています。


だからこそ
既にご依頼頂いた方々の案件をきちんと進めるために
土日の相談は基本的に受け付けないことにしております。








「依頼者優先主義」。
私の事務所の開業以来の事務所理念です。


名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所のごあいさつページにも書いてありますが、
この「依頼者優先主義」というのはお客さまに媚を売ることではありません。


当事務所の理念をご理解いただき、
きちんと信頼関係を築けるお客さまの件に絞って
全力を傾けるという意味です。


そして
この理念には、
案件を増やすことだけに必死で
依頼後のお客様を大事にしない大量処理型事務所への
強烈なアンチテーゼが含まれています。


だからこそ私は、
平日も夜遅くまでとか
土日も相談応じますなどという
無節操な事は致しません。


「土日もやっているから」などという理由で
事務所を選ばれた方の案件をやるつもりもありませんし、
「土日にやっていないなら結構です」という方は
どんな案件であってもこちらからお断りです。


新規の案件を受けるため
血眼になって土日も必死に営業活動をやるようなことは
私の「ものさし」に合いません。


営業時間に関わらず
名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所を
きちんと選んで頂いた方々の案件だけを
お受けしたいと思っています。





非常にわがままなですが、
それだけ真剣に仕事に取り組んでいます。




来年もどんどん先鋭化して
事務所の色をきちんと出していきたいと思っています。






そんな感じです。



ではまたです。