名古屋駅前の弁護士片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。名古屋駅すぐの場所に法律事務所をかまえる 東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

足どり

こんばんは。


さすがに休み明けは忙しいですね。


年末年始休暇明けの
年賀状を除いた郵便物の量も
想像を絶したものがありましたが、
きょうの郵便物の量も
物凄いことになっていました。





さて、
きょうは夜に、
案件が終結した依頼者の方が
事務所にお越しになられました。


「弁護士」という職業は
みなさんの生活が何の問題も無い時には
あまり必要とされない職業です。


逆に何らかの問題が起こった時に
必要とされる職業です。



みなさんの人生の中でも
大変な時にお手伝いする仕事ですので、
責任はとても重いのです。



それでも
みなさんの人生における壁を一緒に突き破って
良い方向に転換させるということは
他の職業ではなかなか感じることのできない
大きなやりがいになります。




私は元々マスコミの世界に7年間いましたので、
そうした「弁護士の仕事の意味」については、
他の仕事をしないで弁護士になった方よりも
より実感として感じています。


記者の仕事も究極的な使命は
「社会正義の実現」ですので、
弁護士の使命と共通するところがあるんですけどね。


お一人お一人との関わりという点からすると
どちらかというと間接的な部分が多くて、
その点こそが私が弁護士になった理由の一つでもあります。







今日いらっしゃった方も
初めにお会いした時より
ずっと表情も明るくなり
足どりも軽くなってらっしゃいました。



そんな依頼者のお姿を拝見する時こそが、
私にとっては
「弁護士になって本当に良かったな」と思える瞬間です。






1月もほぼ毎日裁判があり、
ご相談のご予約も次々にもの凄い勢いで入っているので、
これからも相当忙しくなりそうですが、
お困りの方のお一人一人の足どりを軽くできるよう
頑張っていきたいと思います。



私の足どりが重いといけませんからね(笑)






そんな感じです。




ではまたです。