名古屋駅前の弁護士片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。名古屋駅すぐの場所に法律事務所をかまえる 東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

POWER SONG

こんばんは。


梅雨の晴れ間で本当に良い天気でしたね。





4月に自分の事務所を作ってから
本当に充実した日々を過ごしています。


この前バリ島の記事の時にも少し書きましたが、
自分で事務所を立ち上げようと決意したのは
今年の正月。




去年の晩秋から
色々と考えるようになったんですね。


「このままで良いのかな」と。


弁護士になった直後に感じて、
それでも自分をごまかして
蓋をしていた色んな思いが
徐々に吹き出してきたんです。


もう一度自分をごまかそうとしましたが、
その時はもうごまかすことはできなかったわけです。


自分を歪めて裏切り続けることは
もうやめようと。


自分の考えや思いを
実現できる場所を
自分の力で作り出そうと。


そんなことを考えて
自分で事務所を立ち上げました。






でも
「動き出す」ということには
とても大きな勇気が必要です。


動かずに日常を過ごしていれば
表面的には安定して過ごせますからね。


自分を殺すことで
その代償が支払われるなら
我慢するのもありかなと。


でも
日々の意味を見出すことなく
ただやり過ごすのも嫌だという思いも
一方では確実にあって。


去年の秋から悩み始めて
右へ左へと本当に揺れました。






そんな時に
一歩踏み出そうと思わせてくれた決意させてくれた曲が
leccaの「ちから」という曲。


「音楽の力」というものには
これまでの人生でも本当に助けられ続けていますが、
今回の独立を語る上でこの曲は絶対に欠かせません。


「まさにこれ、今の自分じゃん」と。
この曲を聴いて思ったんですね。


決意してから行動に移すまでの期間を
可能な限り短くできたのも
この曲の力でした。







自分の事務所開設から
2か月余りが過ぎ、
本当に動いて良かったなと。


自分の価値観で、
自分の考えで、
ご相談に応じたり
ご依頼を受けたり
依頼者と接することのできる
素晴らしさを日々痛感しています。






これからも当分の間は
この「POWER SONG」に
力をもらい続けようと思っています。




イントロが流れてくるだけで
自分は疲れが吹き飛びますからね。




来週も疲れたときには
この曲を聴いて頑張りたいと思います。





そんな感じです。



では、またです。