名古屋駅前の弁護士・片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩(愛知県弁護士会所属)のブログ。東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

片山総合法律事務所は12年目です!

 

f:id:katayama-lawoffice:20220401174807j:plain

 

こんにちは。

 

さて、本日、4月1日は、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の事務所設立日です。

片山総合法律事務所は、本日から、12年目に入りました。

 

2011年4月1日、事務所はたった一人でスタートしました。

よく晴れて、汗ばむくらいの気候でした。

当時も桜が満開だったのを、昨日のことのように覚えています。

本来ならばもっと早く自分の事務所を立ち上げるべきでした。

自分がぐずぐずしていたから、遅くなってしまったのです。

でも、自分の事務所を立ち上げて、いろんな「澱み」が全て消えました。

あの時動いて、本当に本当に良かったです。

 

 

あれから11年。

本当にあっという間です。

 

自分の年齢もあるのでしょうが、どんどん年月の過ぎるのが早くなっている。

そんな感じがしています。

 

特に、コロナ禍になってから、時間が過ぎるのが早く感じています。

それと同時に、コロナ禍になってから、「今できること」を迷わずやるようになりました。

コロナ前は、「今度で良いか」と先延ばしすることも結構ありました。

でも、コロナ禍になってから、それまで当たり前だったことが、全然当たり前じゃなくなるという社会の変化を実感しました。

「今度」というのがないかもしれない。

そんなことを気づかせてくれたのがコロナ禍です。

だから、「気になったら全部やる」ようになりました。

 

「コロナ禍だから」という理由で、弁護士への相談を先延ばししている方も、実は、結構いらっしゃるのかもしれないと思っています。

面倒くさいことを先延ばしするには、「コロナ禍だから」という理由付けは、最強の理由・言い訳ですからね。

 

新型コロナの感染者数は愛知県では一進一退の状態で、次の第7波がまた来てしまうかもしれません。

「コロナ禍だから」という言い訳を自分にし続けていると、相談が永遠に先延ばしされてしまいます。

法律上の権利には、「時効」という概念があります。

「権利の上に眠る者は保護に値しない」という価値観に基づくものです。

この「時効」。コロナ禍だからといって一律に伸びることはありません。

「コロナ禍だから」という理由で相談を先延ばしにしている方も、「権利の上に眠る者」になってしまうのです。

時効にかかってしまうと、あなたの権利が消えてしまう可能性もあります。

いくら嘆いても、いくらコロナのせいにしても、時効で消えた権利は、復活しません。

「コロナ禍」になってからもう2年。

でも、まだまだ先が見えません。

「コロナ禍だから」と動かなかった方も、そろそろ動きだした方が良い頃かもしれませんね。

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、コロナ対策に力を入れ続けています。

ご相談時のマスク着用や手指消毒、検温はもちろん、相談室の消毒を徹底し、相談中の換気も徹底しています。できる対策は全てきちんと行っています。

このため、ご相談者の方からも、「コロナ対策が万全で、安心して相談できた」という声も頂いています。

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

あなたの権利を守るためには、あなたの一歩が必要です。

コロナ禍で相談を先延ばししてきた方も、ぜひ思い切ってご相談のご予約から始めてみてください。

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所、12年目も、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

そんな感じです。

 

ではまたです。