名古屋駅前の弁護士片山木歩BLOG

名古屋駅の弁護士片山木歩のブログ。名古屋駅すぐの場所に法律事務所をかまえる 東大法学部卒・元NHK記者の弁護士が、日常について気の向くままに書いてます。 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。

取引の長い方、一歩踏み出して過払い金のご相談にお越しください!

こんにちは。

 

今週も、たくさんのご相談・ご依頼ありがとうございました。

過払い金請求ブログの方にも書きましたが、今月は、取引が20年以上続いている方からのご相談が大変多い1か月でした。

 

goo.gl

 

取引が長い方は、テレビやラジオのCMなどで過払い金のことは知っていても、「弁護士に相談するのは気が重いな」とか「とりあえずは支払い終わってから請求しよう」とお考えになり、相談がどうしても先に延びてしまう方が多いようです。

 

確かに、「借りたものは返さないと」というのは、とってもいい倫理観なのですが、

もともと違法な金利をとられていた会社に対して、「絶対に返さないと」という思いから、家計も精神も削って返済を必死に頑張る必要はありません。

 

いくらご自身が納得して借りたとしても、法律に反する契約を締結していたのは、貸主側の業者です。弱い立場に立たされる借主を守るために、「利息制限法」という法律があるわけですから、引け目を感じる必要はありません。

 

特に、取引が20年以上続いていて、現在は返済だけになっているけど、なかなか債務が減らないという方は、お早めにご相談にお越し頂ければと思います。

毎月の返済の負担がなくなって、過払い金が戻ってくるかもしれません。

 

最近では、「過払い金のピークは過ぎたから」などという理由で、債務の整理や過払い金請求を取り扱わない事務所も増えてきたようですが、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、現在も、過払い金請求にしっかりと力を入れています。

 

みなさんお一人お一人からのご相談も、過払い金請求に力を入れ続けている私が、全件お受けしますので、どうぞご安心ください。

 

さて、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、明日4月28日(土)から5月6日(日)までのゴールデンウイーク中は、事務所休業期間となります。

 

私自身もしっかりとリフレッシュして、5月7日(月)から再度しっかりと仕事をしていきたいと思います。

みなさんも、良いゴールデンウイークをお過ごしください!

 

そんな感じです。

 

ではまたです。

 

ナゴヤドームへ野球観戦に行きました!

 

f:id:katayama-lawoffice:20180421202732j:plain

 

昨日、金曜日にナゴヤドームにドラゴンズ×カープ戦を見に行きました。

 

チケットを頂いたので、事務所を少し早く出てナゴヤドームに行きました。

そしたら、バックネット裏で、TV局の中継カメラのすぐ後ろの席!

自分では絶対に取ることのできないような絶好のポジションで、野球観戦を満喫することができました!

 

この試合では、ドラゴンズのモヤ選手が、1軍初登場。

身長が2メートル越えということで、その背の高さにびっくりしました。

いきなり4番で、びっくりしましたが、ヒーローインタビューを受けるほどの大活躍。

今日も決勝ホームランを打ったみたいで、これからも楽しみですね!

 

この日は、「昇竜デー」。

昇竜ユニフォームも頂き、ジェット風船を飛ばして楽しむこともできました。

最近のドラゴンズではめったにないくらいのヒットの数で、最高の野球観戦でした。

ありがとうございました!

 

 

ゴールデンウイークまであと1週間。

「弁護士に相談しようかどうしようか」とお悩みの方は、来週のうちにご相談にお越しいただき、すっきりした気持ちで大型連休をお迎え頂ければと思います!

 

そんな感じです。

 

ではまたです。

 

 

御礼のケーキを頂きました!

f:id:katayama-lawoffice:20180418205042j:plain

 

こんばんは!

 

本日、無事に案件が終了した方から、御礼としてchez-shibataのケーキを頂きました。

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、とても小さな事務所です。

事務所スタッフ一同だけでは食べきれませんでしたので、スタッフの家族にも持って帰っていただき、美味しく頂きました!

本当にありがとうございました!

 

今週、産休・育休でお休みしていたスタッフが、無事に戻ってきてくれました。

元気に復帰してくれたスタッフとその間事務所で頑張ってくれたスタッフに、本当に感謝、感謝です。

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、通算の相談件数や裁判件数だけを誇りにするような、つまらない大量処理型事務所ではありません。

ひたすら売上を伸ばして事務所規模を大きくしようとするような、ありがちな虚栄心を満たしたいとも思っていません。

一貫して変わらないこの姿勢で、事務所も8年目に入りました。

 

きちんと当事務所を選んでいただいた方々、お一人お一人の案件にきちんとしっかりと取り組んでいく、そんな超少数精鋭の事務所であり続けたいと思っています。

 

そんな感じです。

 

ではまたです。

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所・8年目を迎えました!

f:id:katayama-lawoffice:20180331202505j:plain

 

こんにちは。

 

今年は桜が早かったため、もうすでに葉桜のところが多いですね。

 

さて、平成30年4月1日で、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、

事務所設立から8年目に突入しました。

 

毎年のように繰り返していますが、

これも、ご依頼を頂いてきたお一人お一人の依頼者の方々のおかげです。

本当にありがとうございます。

 

私が事務所を作ったころは、名古屋駅前では、大名古屋ビルも昔の昭和っぽいビルで健在でしたし、JPタワーもゲートタワーもありませんでした。

ちなみに、ドラゴンズが最後にリーグ優勝したのも、私が事務所を作った年です。

それを考えると、独立してからだいぶ経つなあと思います(笑)

 

お正月にも書きましたが、私は、1件1件の案件に、きちんと自分自身が責任をもって取り組んでいきたいので、事務所を大きくしたりすることは一切考えていません。

 

このため、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、いつまで経っても、弁護士は1人だけの小さな事務所のままです。

 

お手伝いできる分野や数には限りがありますが、その分、自分の強みを活かして、きちんと取り組むことが出来ていますので、このままで良いと思っています。

「通算の相談件数や解決した案件数だけを誇る、くだらない大量処理型事務所には絶対になりたくない」という気持ちは全く変わっていませんからね。

 

というわけで、8年目となる今年度も、これまでと同様、いい意味でマイペースに頑張っていきたいと思っています。

 

これからも、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

そんな感じです。

 

ではまたです。

 

 

 

 

 

 

過払い金のご相談はお気軽に!

f:id:katayama-lawoffice:20180316145318j:plain

こんにちは!

 

名古屋は雨の金曜日です。

 

さて、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、現在でも、過払い金請求に力を入れていて、日々、たくさんのご相談・ご依頼を頂いております。

 

過払い金、特に支払いが終わった完済済みの会社に対する過払い金請求の場合、「もう終わったことだし」とか「借りていた会社に申し訳ないし」、さらには、「弁護士に相談するの面倒くさいし」などという理由で、ご相談・ご依頼を先延ばしにされる方がとても多くいらっしゃるようです。

 

ただ、過払い金は、最終取引日から10年が経過すると、時効となってしまい、法律的に取り戻すことができなくなってしまいます。

また、借りていた会社が倒産してしまったり、経営が悪化したりしてしまうと、せっかく過払い金があったのに、全額をきちんと取り戻すことができなくなってしまいます。

 

弁護士に相談というと、ほとんどの方が人生でこれまで経験がないと思いますので、みなさん気が重いかと思います。

ただ、弁護士に相談して依頼することが、過払い金をきちんと取り戻すための第一歩となります。

私の事務所の場合、相談者の方を叱ったりしませんので、どうぞご安心ください。

 

迷っていても、過払い金が全額戻ってくることはありません。

記憶があいまいで、完済から10年が経過してしまっているかもしれないという方も、ぜひ一度ご相談にお越し頂ければと思います。

当事務所の場合、調査の結果、過払い金が時効にかかってしまっていた場合や過払い金が発生していなかった場合には、特に報酬金や解決金、手数料などの費用は頂いておりませんので、赤字の心配もありません。

 

過払い金請求が気になっている方は、ぜひこの春に、一歩踏み出して、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所までご相談にお越し頂ければと思います。

 

先日、ご相談・ご依頼にいらっしゃった方が、「過払い金請求をするかどうか、ずっと悩んでいたけれど、今日相談に来て、本当に良かったです。」とおっしゃっていました。

次は、みなさんの番かもしれませんね。

 

私の事務所では、過払い金請求を無事に終えた方に、「お客さまの声」のご記入をお願いしております。

任意でお書き頂いているものなので、もちろんこれまでの依頼者の方全員にお書きいただいたわけではございませんが、それでも、すでに1000人以上の方から、お客さまの声をお寄せ頂いております。

過払い金請求をしようかどうしようか迷っている方は、ぜひご覧いただければと思います。

 

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

 

www.katayama-law-kabarai.jp

 

 

そんな感じです。

 

 

ではまたです。 

 

 

 

やっと金曜日

こんばんは。

 

今週もとても忙しい1週間でした。

 

さて、独立当初は好きな音楽のことばかり書いていましたが、最近は全然書いていなかったので久々に。

 

No Question

No Question

  • m-flo
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

m-floの新曲。

何度か聞いているうちに、加速度的に中毒的に好きになっています。

 

Like I Do

Like I Do

  • デヴィッド・ゲッタ, Martin Garrix & Brooks
  • ダンス
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ゲッタさんのこの曲も最近のお気に入りです。

気分転換したいときとかこんな感じの曲を聴くと良いんですよね。

 

 

今年は花粉症がひどくて、風の強い日に遠方の裁判所に行くのとか本当にしんどいんですが、耳にイヤホン入れて、来週以降も何とか乗り切っていきたいと思います。

 

 

そんな感じです。

 

ではまたです。

 

 

弁護士4万人時代

平成30年もあっという間に2月になりました。

この冬はとても寒く、名古屋でも1月下旬からとても寒い日が続いていますね。

 

さて、先日、弁護士の数が4万人を突破したとの報道がありました。

 

mainichi.jp

 

弁護士の数が急速かつ大幅に増えることになったのは、

法科大学院(ロースクール)制度が始まり、

合格者数の多い新しい司法試験が始まったのが原因です。

 

私は、旧司法試験と呼ばれる昔の司法試験を合格したので、ロースクールにはいっていませんが、このロースクールを設立して、司法試験の合格者を増やしたことにより、どんどんどんどん弁護士が増えていっています。

 

このため、弁護士業界では、「競争が激しくなった」という声が多く上がるようになり、ゴシップ誌などでは、「食えない資格」の代表例として、弁護士が挙げられるようになりました。

昔の弁護士のイメージからすると、隔世の感があるんでしょうね。

 

この弁護士激増時代の中で、たくさんの弁護士が所属する全国展開型の事務所もここ数年でかなり増えましたし、弁護士がテレビに出たりするのを目にする機会が多くなっていると思います。

 

弁護士の数は、ここ名古屋でも、これからも増え続けると思いますが、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、これまでと変わらず、今までどおりで行きたいと思っています。

消極的な意味ではなく、積極的な意味で、現状を維持していくということです。

 

目の前の売上を上げることにあくせくしてみたり、設立から年数が経ってきたからと言っておごり高ぶったりすることなく、これまでどおりの事務所であり続けるということです。

 

私は、通算の相談件数や取扱件数、経験年数や売上だけを誇りとするような事務所にだけはならないと強く心に誓っています。

依頼者の方お一人お一人にとって、そんな弁護士サイドの自己満足なんて、正直どうでも良いことですからね。

 

 

当事務所の事務所理念は、設立当初から「依頼者優先主義」。

依頼を受けた案件を1件1件しっかり取り組んでいく。

そんなシンプルなことだけを考えて、弁護士4万人時代を、ひょうひょうと生きていきたいと思っています。

 

そんなわけで、これからも名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

そんな感じです。

 

ではまたです。

 

弁護士4万人を突破 10年で1.5倍